河村恭子のJAZZ LIFE

k2miles.exblog.jp
ブログトップ

三田カフェ キーラーゴ ライブ

三田在住の20年来の親友のみどりちゃんプロデュースのライブ。

    みどりちゃんとは その昔 あるピアニストの先生について共に門下生として ジャズを志し 

あのさぁ 発声がさぁ わからんのよ・・音色がどうも揃わなくてねぇ・・・・といい続けて

     いつもいつも同じ悩みを聞いてもらいながら 私は ジャズを歌って現在に至るわけだが、

彼女は 転勤した先で シャンソンに出会い 今はジャンルこそ 違うが 音楽を愛する気持ちは共に

    変わらず 今でもたまに ライブに来てくれて 正直な 深い意見を 言ってくれる 私の歌の

生き証人のような親友なのだ。 そもそもはるか昔、PhilとCathy のしびれるぐらい素晴らしい三田での

    Duo ライブのカセット録音をみどりちゃんが持っていて こんなんあるよ~と聞かせてくれた。

    (なんかカセットって時代を感じるわ~) ところがこの録音を聞いた私は

衝撃を受け なんだ!この二人の世界!かっこいい!とずっと脳裏に焼きついていたのだ。   

     よく考えたら Philを知ったのも みどりちゃんが きっかけなのだ。 

あれからかなりの年月が経って 今は Phillip は 私の尊敬する師匠でありますが 

 
     今回 ありがたいことにその三田でなんと 38人ものお客さんを動員してくれてライブが出来たのだ。

みどりちゃんの人望すごいわ~。 ワォ満席043.gif

    三ヶ月ほど前に何気に 久々に Philとライブしたいなぁと言った一言が現実になり

こんなうれしいジャズライブが実現できるなんて ホント 感激ひとしおです。有難うね。

    さてさて・・・    

お待ちかね フィリップの不思議な世界  TAKE FIVE で忽然と幻想的な扉が開き 

    お客さんも その世界へと・・・

そして友情出演ということで みどりちゃんは 久しぶりに歌うジャズだったので だいぶ前から

    心配していたようだったが 彼女の丁寧な  歌の表現はいまも 健在だった。

みどりちゃんがブログに書いていたコメント。心にグッと来た。

    Philのピアノのバッキングをこんな風に ・・・

   「 リラックスして 恐れることなく さぁ 僕の腕の中で 自由にお喋りしてごらん」 と 言ってるようだと

みどりちゃんがPhillipのことを こう 書いていた。   全く同感なのである。

    息の線が 色で見える、会話するってことの楽しさ、 まるで 恋愛しているように あったかいのだ。

語れば 切りがないぐらい 素晴らしい音の世界に 包まれた ライブとなりました。

    もっともっと いい音楽を  出来るよう そして また聞きたいと思ってもらえるような

ライブが出来るように またがんばらなくちゃ・・

     

    聞きにきてくださったあったかいお客様と そして親友の みどりちゃんに 感謝です。

昔 よく ライブに行って遊んでいた 永遠の少女053.gif ヨッコさんにも 

    会えて 懐かしくて 嬉しかったなぁ。  三田の少し レトロな町並みと オレンジの街灯の光に

照らし出された 風景も合わさって 今日は あったかさと優しさが二倍にも 三倍にも なって

    心に 浸み込んだ。  

a0123666_11394893.jpg

みどりちゃんが携帯で撮ったくれた3人で写ってるのんを 転送してくれたから 載せたいのに やり方がわからないよん・・ぐすん  今日はあきらめて また後日アップできるように 頑張るわ。Yeah~
とりあえず Phillipと ワタシ。 あ!違った!ハンフリーボガードとオードリーヘップバーンでございます。
あはっ キーラーゴに来ていただいた方しか わからないジョークですいません(笑)
[PR]
by k2miles | 2010-11-08 23:16 | ライブ日記 | Comments(0)